熊本で楽しめるグルメ

熊本のグルメの中で麺類ならば、ラーメン、太平燕があります。

太平燕の麺は春雨で豚肉・白菜・エビ・キクラゲ・たけのこなどと一緒に、鶏ガラスープで煮込んだものです。

加藤清正が出兵した際、食べるものに困って食べたという馬刺しは、そのままでも美味ですが、お寿司にすると絶品です。

細川忠利の滋養強壮のために作られた、からし蓮根はひと口かじると辛子がツンと来る味で、焼酎にもとても合います。

阿蘇高菜の新漬けは春の間の楽しみで、青々としたさわやかな味が魅力です。

古漬けはごま油でさっと炒めてチャーハンにすると、おいしいです。

いきなり団子は、サツマイモと小豆あんをお餅でくるんで蒸したもので、もちもちとしていて甘さもちょうどいいです。

デコポンは上の部分がポンと盛り上がっているみかんで、とても甘くジューシーです。

約18㎝ほどの晩白柚はザボンの仲間で、グレープフルーツのような味ですが、苦みがないのでとても食べやすいです。